安全に除菌・消臭・ウィルス対策できる弱酸性次亜塩素酸水『CELAセラ』

六 感 / 株式会社チャンネル・ネッツ

奈良県内飲食店様向け『におい測定無料サービス』開始しました。

飲食店では料理の見た目、香り、味で評価されます。
ですので料理以外のにおいは料理の香りと混じってしまい商品自体の価値を落とします。
料理の味が良くても別のにおいで本来の香りを邪魔されてしまっては
お客様は不快な思いをして二度と来店をしていただけないでしょう。

 

飲食店を経営されておられる方で厨房のにおいやトイレのにおいが気になるので
芳香剤を置いている店舗がありますが、それは完全に間違った対処方法です。
弊社では実際に店舗にお伺いし、においの強さを測定します。
そのにおいを数値化した上で『CELAセラ』を噴きかけた場合の数値と比べていただきます。

 

『CELAセラ』には香料が入っていませんので、料理の香りを邪魔することがありません。
多くのサービス業からご指示をいただいておりますので、安心してご利用いただけます。
あなたの店舗の気になる『におい』を無料で測定致します。


食中毒にご注意して下さい!

過ごしやすい春も過ぎ、いよいよ蒸し暑い夏がやってきます!この時期になるといつも話題に
なる食中毒。その食中毒の主な原因は、飲食物に含まれている有毒・有害な原因物質を
摂取することだと言われています。

 

厚生労働省によると、2010年の食中毒発生場所では、飲食店での発生が662件で断トツ1位!
ご家庭での発生が155件とつづいて2位となっています。また食中毒の原因物質は細菌では
カンピロバクターがトップとなっています。不十分な加熱処理とならないようにしましょう。

 

カンピロバクターはニワトリや牛等の家畜、野生動物、ペット等あらゆる動物が保菌しています。
この菌に汚染された食べ物、飲み物を摂取することや、動物との接触によって人に感染します。
この菌の症状として下痢、腹痛、発熱、悪心、嘔気、嘔吐、頭痛、悪寒、倦怠感などがあります。
食中毒の菌は他にもたくさんあり、こんなところにと、意外なところに付着していたりします。

 

食中毒発生場所の1位が飲食店、2位がご家庭の台所なのです!!

 

食中毒を防ぐ3つのポイント

 

清潔 バイ菌を付けない

 

生肉や魚に付着した細菌が手や調理器具を介して食品につき、
細菌が増えることで食中毒を起こすことがあります。

 

●手洗いはしっかり
●まな板・包丁は除菌消毒 
●タオル・ふきんは乾燥・清潔
●キッチン廻りの清掃

 

迅速 バイ菌を増やさない

 

食品に付着した細菌は時間経過とともに増えていきます。
食品は細菌の増えないうちに早く食べ、保存する場合は冷蔵庫に入れましょう。

 

●生ものの作り置きは厳禁
●必要な分だけ購入、すぐに冷蔵庫などへ
●冷蔵庫内は10℃以下、冷凍庫内は-15℃以下
●冷蔵庫内の詰めすぎに注意(容量の70%程度が目安。開けた時に奥の壁が見える位)

 

加熱 バイ菌をやっつける

 

食品に付いてしまった細菌は加熱して殺す方法があります。
この場合は食品の中心まで十分に加熱が必要です。

 

●十分な加熱処理
●台所用具は使うたびに除菌・消毒
●生ゴミなどを長時間台所に置かない

 

 

    

 


ホーム RSS購読 サイトマップ
ホーム 選ばれる理由 よくあるご質問 宅配プラン 会社概要